梶谷「来年は打率意識」 三振を減らすこととともに課題